Bittydesign IRON レーシングトラックボディを作る その4(最終回)

Bittydesign IRON レーシングトラックボディを作る その4(最終回)

夏のラジコンシーズン本番に向けて作成中のBittydesign IRON レーシングトラックボディ。やっと完成しましたので、佐賀のモデルマートさんで試走してきました。

シャシーはTA07 PROです。残念ながらレーシングトラックタイヤを装着できないので、とりあえずタミヤのGP-Aを使います。初走行で壊すと悲しいので、7割くらいの安全運転で。

GATA World @YouTube Channel

重心が高いのでツーリングボディのような動きはさすがに無理ですが、トラックらしく車体をロールさせながらも違和感なくスイスイ走れます。これはイイぞ!

というわけで IRON レーシングトラックボディ、かなりおススメです。 この写真のようなカラーリングなら製作の難易度は低めですし、ステッカーもシンプルなので、あっという間に完成します。

ただ、3Dバンパーの塗装は缶スプレーじゃチョット無理かな…。

塗装に自信のない方はフラットバンパーがおススメ

もうお気づきでしょうけど、作例では 3Dバンパーが厚塗りになってしまって、ボディと色味が合ってないんですよ。
エアブラシに慣れきってしまった店長、缶スプレーで見事に失敗しました(^^;

さて、4回も引っ張ったBittydesign IRON レーシングトラックボディ製作、いかがでしたか?
レーシングトラックを走らせてみたいなーという方、コレ店長一押し!ですよ♪